贈与とは?

贈与とは、当事者の一方が、自己の財産を無償で相手方に「あげます」と意思表示し、相手方が「もらいます」と受諾することによって成立します。ただし、税法上はたとえ売買の形をとっていても、土地を時価より著しく低い価額で買った場合、時価と売買価額との差額部分が贈与とみなされ、贈与税の課税対象とされることがあります。(みなし贈与)

贈与税は相続税の補完税

生前に財産の贈与をすることにより、その分だけ将来の相続財産の減少という効果をもたらすので、贈与による財産の取得に対して贈与税を課すことにより相続税を補完しています。贈与税は原則として、個人が個人から贈与により取得した財産に課税されます。

贈与税のかかる財産

本来の贈与財産

(1)
贈与により取得した財産に対して課税されますが、その財産とは、金銭で見積ることができる経済的価値のあるすべてのものをいい、有形無形を問いません。
(2)
注意したいのが名義変更と贈与の関係です。不動産や株式等の名義が無償で変更されたり、他人名義で新たに不動産や株式等を取得した場合は、原則として、それらの財産はその名義人となった者が贈与を受けたものとして取り扱われます。

みなし贈与財産

相続税が贈与により取得したとみなす財産も贈与税の対象となります。これには、満期等により取得した生命保険金等、低額譲受けにより受けた利益、債務免除や負担付贈与などにより受けた利益、その他の経済的利益が含まれます。

贈与税のかからない財産

  • 【1】法人からの贈与により取得した財産  贈与税ではなく所得税がかかります。
  • 【2】扶養義務者間での生活費や教育費
  • 【3】社交上必要と認められる香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物、または見舞等
  • 【4】その他一定のもの