相続財産

被相続人の財産を相続財産といいます。相続財産には被相続人の一切の財産、すなわち不動産や預貯金などのプラスの財産から住宅ローンや借金などのマイナスの財産まで含みます。その一方で、会社の社長としての地位や保証人というような身分は相続の対象になりません。これら被相続人の財産のうち、どこまでが相続財産となり、どこまでが相続財産とならないのかを相続財産の調査によって明らかにしていきます。以下に相続財産となるものを列挙します。

プラスの財産

  • 不動産:土地と建物です。市役所等で固定資産評価額証明書を取得して確認しましょう。
  • 動産:自動車・美術品など
  • 事業用財産:売掛金・機械、棚卸資産など
  • 現金・預貯金:通帳の名義などで確認できます。
  • 有価証券:株式・公社債・出資金など
  • 生命保険金、死亡退職金:被相続人を受取人としているものに限ります。
  • その他の財産:貸付金・未収金など

マイナスの財産

  • 債務:住宅ローン・借金・税金などです。